<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

やっと見られた絞り染め

 
今日は自由の森学園中学校が年度末に1年間の学びのまとめを発表する学習発表会。

私がいちばん楽しみにしていたのは、息子の染色。
母はこれを見るのが楽しみで、学校ついたら一目散に美術棟2階へ。





120307_01

120307_02

「けっこう、大作だよ」と聞いていたけど、どういうのを作っているかはヒミツ。冬休みの絞りの宿題も、「見せない」と私がいないときにやっていて、どうしても間に合わない最後のところだけ私がいるところでやっていたけど、全体像はまったくわからず…。

でもこの1年、染色はとても楽しみな授業で、最後の作品も「(教員に)考え直した方がいいって言われたけど、ぜったいこれをやるんだ」と意気込んで、そして最後の授業になる前には全部ほどいて、アイロンもかけて完成させた、という入れ込みよう。


「夢花火」、がんばったね。

120307_03


みんな、すてきな作品でした。
完成に間に合わなかった子たちも、それぞれの成果と思いを、これからもたいせつに持ち続けてください。



最後は恒例の合唱。全体合唱「ケサラ」。
120307_04




2012.03.07 Wednesday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

私が原発いらないと思う理由

 
ずっと前から、原発イヤだな と思ってました。
反原発、脱原発の署名があるときには名前を書いていたけれど、デモに参加するわけでもなく、消極的な意思表示しかしてきませんでした。

だから止められなかった責任の一端はあると思っています。


なんで原発がイヤなのか。

だって、原発は人のつながりを壊すから。
原発をつくる っていうと、その地域は推進派と反対派に分かれてしまう。
何をするにも「あいつは推進派・反対派だから」と、それが大きな理由になって、原発と全然関係ないことまで対立したり、地域の人たちが保ってきた和を壊してしまう。

そして、処理できないゴミを未来に残すから。
処理できないゴミ、管理しきれないゴミ。子どもたち、自然界、未来の地球に「じゃ、後、よろしくね」って。


もともと物理とか苦手だし、詳しいことはわからない。
でもね……


札束で横っ面をペシペシするヤツは嫌いだ。
「この地域はもう高齢化が進んでいるでしょ、もうこれ以上あなたたち、暮らしていけないでしょ」みたいなことを平然と言ってくる電力会社。それまで全然部外者だった人が、なんで急に地域の未来を担ってあげるみたいなこと言うんだろう。しかも「原発いらない」って言っているところに。
そういうあなたたち、人事異動とかしたら、「え?俺もうあそことはカンケーないから」って言うんじゃない?


加計呂麻でチップ工場の話があったときもそうだった。
雇用をつくるって。でも、島のお父さんが言った。
「島の自然を壊す金で子どもを育てたくない」って。



この間、飯館村の畜産家のレポートを見た。

乳牛の、乳を2か月、畑に掘った穴に捨て続けている。
「乳の出が悪くなるように、餌を減らしている」
牛は、骨が浮き出ていた。テレビ画面のこちらからでもつかめそうな骨。
牛を、あんなにしなくてはならない人は、どんなに辛いだろう。
「こんな牛にしては、恥だよ」
あんなになっては、牛だって立っているのも辛かろう。
牛に、人間と同じような思考回路があるかどうかはわからない。
でも、これまでおなかいっぱい食べられたのに、なんで食べられない?
そして殺されていくとしたら、その牛はなんのために生まれてきた?
いずれ殺される命だったとしても、こんな最期って悲しすぎる。

肉牛だって、変わらない。
おばあちゃんが少し離れた所でタオルで涙を拭きながら見ている。

「畜産をやめたら、自分たちのこれまでの30年がなくなる」


何十年、その人の生きてきた歴史を奪っていく。
何百年、その人の祖先からの歴史を奪っていく。



外国にいて、そろそろ子どもだけでも日本に帰そうかと思っていた友人は、「成長期の子どもを安心して帰せない」と帰国を見合わせている。


地震の前からお墓参りで福島を離れていた知り合いは、
そのまま原発避難民になってしまった。

郡山にお父さんだけ残って母子避難してきた家族も分断されたままだ。



そして、原発はウソをつく。




そんな原発に頼る暮らしって、やっぱりおかしい。
原発は、もういらない。

雇用があるから、止められない。
補助金があるから、なくなったら困る。
原発で働く人たちがいるから経済がまわっているのに。

それを、どうしたら変えていけるんだろう。
簡単には変えられない。でも、変えていきたい。







2011.05.13 Friday 19:33 | comments(1) | trackbacks(0) | 

こんな時にグキッ

ギックリ腰になってしまいました。

諸鈍の姉さんが加計呂麻チップ工場説明会の詳しいテープ起こしをしてくれています。奄美・加計呂麻島何でもありBLOG

読みたい、書きたいけれど、座ってられないのでできません(T_T)
座ってしまうと立ち上がれなくなるので、ただいま、立って打ち込み中。


整骨院では「あと2日ぐらい」と言われてるので、2,3日したら復活できるはず。。。





2010.02.08 Monday 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「日本人の原風景」

090914_01

いつの写真でしょう?
昨日です。モノクロにしてみただけ。

昨日、ちょっと用があって兄と新潟県妙高市へ行ってきました。
途中立ち寄ったインターにあった妙高の情報誌で、そば好きの兄が見つけたのが大滝荘。用事の前に、まず大滝荘へ向かいます。

小さい頃から妙高には何度も行っていたけど、兄も私も信越線の東側は初めて。いやびっくり。途中までは広々とした田んぼの風景でしたが、山道に入ると棚田ばかり。

妙高は休火山で、1メートルも掘ればユンボでさえ掘るのに苦労するほどの堅い岩盤。夏にはカヤが生い茂り、冬は豪雪に半年近く埋もれる場所。
そんなところを、重機なんてなかった時代に田んぼをつくった人たち。そしていまも先祖伝来の田んぼを守っている人たちがいることを目の辺りにしてきました。

この辺りは昔ながらのはざがけをしているところも。ほとんどはまだ枠だけでしたが、1箇所、もう干しているところが。

090914_04

写真を撮っていたら、ちょうど稲束をかついで来た人に出会いました。

090914_05

これは早稲のコメで、こうして干すのは2〜3週間。乾燥機もあるけど、はざがけ米は全然味が違うそうです。私と同年配の女性。ほんのちょっと話しただけだけど、芯のしっかりしたまっすぐな目がとても印象的。地にしっかり足がついている感じに圧倒されました。ぬるいな〜、私……。

090914_06



090914_02

大滝荘は国道からじきかと思ったら、けっこう距離がありました。途中で「千と千尋の世界みたい」と話ながらたどり着いた大滝荘の前。棚田の縁のコスモスが満開。風に揺れて、ここに来るまでの苦労も風になびいて飛んでいくようです。


090914_03

大滝荘のおそば。こそばという昔ながらの品種をつかっているそうで、香りのいいおそばでした。おそばがおいしかっただけに、市販品のようなめんつゆが残念でした。

この大滝荘は日帰り入浴や宿泊もできる体験交流館のようです。こんな静かなところ、一度泊まってみたいな。




2009.09.15 Tuesday 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「妙(たえ)」

カフェで何をやりたいか。

実際的なことばかり考えていると、ほんとに手許しか見えなくなる。


カフェのカウンターの中で、私はどういう存在でいたいのだろう。
どんな表情、どんな声で話したいのだろう。
どんなふうに人を迎えたいのだろう。



島に帰ると、自然な顔で迎えてくれる人たち。「あら」と、たいして驚いた顔もしない。それは、「ここにいるのに不思議はない」と認めてもらえているのかもしれない などと勝手に思いこんでいる。


島のじぃちゃん ばぁちゃんの笑顔。ちょっと照れたようなところがかわいい。何というのかな、空気がやわらかいんだよね、その人たちの。

いろんな苦労があったはずなんだけど、すべてよしとしてるような。いまあることが、すべて みたいな。

そうそう、康作さんが前に言っていた。
「島のばぁちゃんの顔っていうのはね、“妙(たえ)”なんだよ」


「妙」

いつか、そんなばぁちゃんになれたらいいなー。


2009.09.01 Tuesday 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ふるさと」

与論島クオリアさんのブログを見て、『沖縄幻想』(奥野 修司 )を読みたいと思った。
 与論島クオリア 『沖縄幻想』

ブログに引用されている「はじめに」を読んでいて、以前、南海日日新聞に書いた自分の文章を読んでいるような錯覚に陥った。
 南海日日新聞040708 「ふるさと」奄美


カフェは、奄美なカフェだけど、所沢という場所でやることにした。もう10年以上この町に住んでいるのに、いまだに根をおろせていない場所である。
だからこそ、地域の人とつながりあえる場所にしたい、とも思う。

それは、単純に所沢をふるさとにしたいというのではなく、「ふるさと」を感じられるような場にしたい、のかもしれない。


うーん、なんかまだまとまらない……。






2009.09.01 Tuesday 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

暑い!日に思う

夏休みがはじまって、所沢も連日暑いです。
朝、7時半に家の周りのプランターに水やりしてるだけで、汗だらだら。
洗濯物を干して汗水垂らし、今年も猛暑ですか?

宅配便のお兄ちゃんたち、近所で工事している人たち、外の仕事をしている人たちは、ほんとうにたいへんです。


以前、徳之島でマンゴーのハウスを見せてもらったときのこと。
マンゴーはウルシ科なので、かぶれる人がいるそうです。なんと、お邪魔したお宅の奥さんもそのひとり。

お邪魔したのは6月。ハウスの中はけっこう蒸し暑くなっていました。
真夏は40℃を越えるそうです。
そんな中、かぶれないように、首にタオル、長袖、長ズボン、手袋など、とにかくできるだけ肌を出さないようにして作業していると聞き、絶句。
マンゴー ちっとも高くないぞ  と思ったのでした。


室内仕事だって、たいへんな暑さ という人がいました。
グラウベル コーヒー日記 真夏の焙煎


私なんて、暑い、暑い! とか、エアコン苦手 とか言いながも、エアコンのきく場所にいられるんだから贅沢ですね。。。


2009.07.30 Thursday 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

きずく は きづく

人と関係を築く
それは、相手が気付いてないことを、どう伝えるか
そして、自分が気付いてなかったことを、どう受け止めるか
そのやりとりを、積み重ねていけるかどうか なんだと思う。


相手が気付いてないことを、マイナス評価として突きつけたり、攻撃したりすると、受け止めてもらえない。

相手が気付いてないことを、ここが残念だ と伝えたつもりでも、反撃されることもある。

相手を気遣って婉曲な伝え方をしたら、その気遣いがアダになって、きちんと伝わらないこともある。



そんなことを思ったのは、ふと10年前のできごとを思い出したからだ(そんな昔のことを思い出した出来事もあるんだけどね)。

まだいまほどネットショッピングが普及していなかった頃のこと。
あるネットショップでくだものを買った。
届いた箱の、下の角にあったくだものはつぶれ、箱から汁が浸みだしていた。残念だった。

はたして、販売者はこういう状況で商品が届くことを知っているだろうか。

私は、ほんの少しだけど、農作物をつくる苦労は知っている。だからこそ、輸送上の問題で商品が傷んで届くことが残念でならなかった。
おそるおそる、写真をつけて報告した。

そのネットショップの対応は早かった。まずお詫びのメールがあり、私の気持ちも酌んでくれた。そして翌日ぐらいには、輸送業者と写真を見ながら対応を話し合い、段ボールをより強度のある物に変更することにしたと報告してくれた。

そのショップとは、いまでも付き合いがある。

これは、気づき と 伝達、受け止め がうまく作用したからだろう。



気づきを伝えることはむずかしい。

ことに相手が自信をもっていることに対して何かを気付いた場合は、相手のプライドを傷つける可能性も高く、伝えるかどうかさえ悩ましい。

けれど多くの場合、私は伝えてしまう。
「別にこの人と深く付き合うつもりないしー」なら、腹の内に納めてしまうけれど、相手に期待する場合は、伝え方を考えながら、思い切って伝えることが多い。

相手が受け止めてくれたときは、ホッとするし、器の大きい人だな〜と好感度もアップする。

相手がいきなり怒り出したりすると、「あ、ダメだったか。残念だけど仕方ないや」と思う。私の父はこの典型だったので、この程度のことではそんなに落ち込まないように鍛えられている(ビクともしないわけではない。こんなこと書いてること自体、うろたえてる証拠だろうし)。


なんでうまくいかなかったかなー。そんなことを考えたり反省したりしていたら、「きずく(築く)は きづく(気付く)なんだ、おぉ、こりゃ発見!」なんて嬉しくなってしまったのでした。


2009.07.30 Thursday 16:32 | comments(2) | trackbacks(0) | 

ワタワタと……

今週末、代々木公園のアースディ「奄美の泥あそび」として参加するので、準備が慌ただしくなってきました。

このところHPのリニューアルネットショップ開設でワタワタ……。

プライベートでも子どもの入学式とか、昨年末に亡くなった父の年金の処理とか、「動く春」って感じです。


今週はイベント準備で大わらわになりそうなので、物件探しはちょっとお休み。でも、イベント準備してると、カフェにどんなものを置きたいとか、少しずつ具体的になってきます。

目指すは奄美のアンテナショップですね(^^)


2009.04.13 Monday 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 

歩き疲れ〜

このところ、あちこち歩き回って少々歩き疲れたらーっ

昨日は足にあわない靴で出かけてしまい、帰りはヒーコラ。
昔から、合わない靴で足が痛くなると、頭が痛くなる私。
歩くスピードは遅くなるし、遅くなると家まで時間がかかるし、無理して歩くと姿勢悪くなってコシ痛くなるし撃沈

でもねー歩いちゃうんですねー、この頃。
コイツのせいで。

090411

携帯変えたら付いてた歩数計。
1日の目標は8000歩。

駅までだいたい4500歩くらいなので、往復すれば目標はクリアなんだけど、少し前まで1日中家から出ないなんてこともあったので、毎日これだけ歩くのはけっこうな運動。ほら今日はこれしか歩いてないです困惑


2009.04.11 Saturday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |