<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夢紅のガーリッククラッシャー

 
ついに買っちゃいました、夢紅のガーリッククラッシャー。

120223_01


かわいいでしょ(夢元さん作ですから)。


夢紅に行くたびにずーーーっと気になってて。
使いやすそうだなー。
でもなー、お値段がねー。
と諦めて、ほかのガーリッククラッシャーを探していたのだけど、
レビューなどを見るとどれも「これだ!」というまでいかない。

しかも、このガーリッククラッシャーを見て以来、
ニンニク潰すだけとはいえども、
長く使って愛着のわくもの、という条件が脳裏から離れないものだから
なかなかにタチが悪い。

握りやすく、使いやすく、洗いやすく、美しい。
しかも機能性だけを追求した冷徹なデザインと違って、あたたかい。

しかし、高い。
ニンニク潰すのに4500円。無理無理。

と思ってました。


ところがある日、夢紅のブログ「夢紅!LIFE」にムービーがアップされているのを見つけてしまったのが運のつき。
紅さん「皮はこうやってクチュクチュってすれば、ね!」まーなんて楽しそうに皮がむけること。。。


あぁ、やっぱりこれに優るもの、ないわ。

そう思ってしまったのです。


そして先日、夢紅にいる子たちをにぎにぎしてみて、いちばんしっくりきた子が、写真の子です。


120223_04

7,8回たたいて、こんな感じ(まな板に匂いが移らないよう牛乳パックを広げてます)。
今まで(ナイフで切ってた)より、ずっと香りがいい!と息子もニコニコ、期待が高まります。

120223_05

春のパスタ。すっごくおいしくなりました。

置いてあってうれしい。
使って楽しい。
片づけ簡単。

この子がいるだけでにっこりできる。
思い切ってよかった。
夢元さん、紅さん、ありがとう!

たたききゅうりも楽しみだ〜!



2012.02.23 Thursday 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

鶴亀畑カフェ@加計呂麻島

 
前から行きたかった加計呂麻の鶴亀畑カフェ。
島友ゆりちゃん、加計呂麻の姉さんと行ってきました。

古仁屋からの連絡船に乗り遅れ、寅さんにも出たでいご丸をチャーター。

120217_01

ちなみに古仁屋→生間(いけんま)@加計呂麻はチャーターで¥2500/船。連絡船だと¥300です。


加計呂麻の姉さんのすてきなお家でちょっとおしゃべりしてから、徳浜へ。

120217_02

お外からすてき!

お料理ができるまでまわりを散策。
120217_03

コロンとかわいいリュウキュウスズメウリ。真っ赤になってるのもあった。
リュウキュウアサギマダラが飛んでいるのを見て、満足。

120217_04

油ぞうめんでおなかも満足でした。



2012.02.22 Wednesday 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

落ち着ける場所

 120216_04


120216_05


2012.02.22 Wednesday 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

奄美大島の繭

 
奄美大島でも昔は養蚕があったそうです。
琉球多蚕繭(リュウキュウタサンケン)という種がつくる繭は自然の黄色(写真奥)。
手前は繭の状態で泥染めしたもの。

120216_01


糸がきれいに紡げないで切れ切れになり、普通より硬い糸になるそうです。
(黄色は茹でると色が抜けて白くなります)

120216_02


他の糸と混紡にしてもおもしろいですね。

120216_03




2012.02.22 Wednesday 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 

2月14日 倉崎海岸@奄美大島

 最高気温26℃。夏のよう。

120214_01

120214_02

透き通る海とアオサ。



2012.02.22 Wednesday 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

今年も大鹿児島展@池袋東武

 
毎年好評の大鹿児島展@池袋東武百貨店、今年も今週から開催です。

第31回大鹿児島展
2月9日(木)〜2月21日(火)
10:00〜20:00(15日は18:00、21日は17:00まで)
東武百貨店池袋店 8階催事場

奄美の各島からも黒糖、黒糖焼酎、紬、泥染め、いろんな特産品がやってきます。
奄美に行くのも、各島を回るのもたいへん!というあなた!
向こうからやってきてくれるこの機会をお見逃しなく!



2012.02.07 Tuesday 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

奄美へ安く行くには<春休み編>

奄美へ行くのに一番安いのは(東京発)フェリーです。

マルエー 東京ー沖縄航路
東京(有明埠頭)−奄美(名瀬)2泊3日の旅で2等なら¥20500(学割¥16400)。
片道ですでに2泊3日なんて、無理!
という人はやっぱり飛行機を使って、いかに交通費を安く上げるか一生懸命探すわけです。

そこへ聞こえてきた朗報!


JALのスーパー先得・先得
header

3/25〜6/10搭乗分、最大84%割引!
羽田ー奄美も最安で片道¥13,800らしい。

これはオトク!

と思って、春休みに息子奄美一人旅か? と思ったのですが、
調べてみたら、予定してみた日程の周辺は「スーパー先得の設定なし」!!!

ショックです。

お客様にも「スーパー先得でぜひ奄美へ!」と宣伝してたんですが…。

やっぱり春休みやゴールデンウィークみたいに利用者が多い時期はダメなんでしょうか。。。


そこで羽田ー鹿児島をスーパー先得で行って、鹿児島ー奄美をフェリーで、というのも調べてみました。

羽田ー鹿児島 スーパー先得 ¥14470
鹿児島空港ー鹿児島中央駅 エアポートシャトル・リムジンバス ¥1200
鹿児島中央駅ー鹿児島新港 ポートライナー(バス) ¥150
鹿児島ー奄美(名瀬) ¥9200
合計 ¥25020

ただし、スーパー先得¥14470の便はエアポートリムジンーポートライナーの乗継がギリギリ。もうひとつ前の便だと¥17070なので、上記+¥2600=¥27620。
飛行機代を抑えて、ポートライナーをあきらめてタクシーにすると、タクシー料金の目安が¥1200なので¥26070。


んー フェリーで2泊3日かけていくより「1日で行けて5000〜6000円アップ」なら割安なのか、「¥13800と思ったのに倍近くかかる!」なのか…。


ならば、南海国際旅行の奄美特集ホテル付きパックの方が安いですね。
でも見てみると南海国際旅行は伊丹発が多いです。
新宿ー大阪夜行バス(最安で¥3000があるらしい)で伊丹から乗るとか?


そうだ、沖縄経由っていう方法もあるはず!

羽田ー那覇(JALスーパー先得) ¥17570
那覇一泊
那覇ー奄美(名瀬)フェリー ¥7570  合計¥25140
那覇ー鹿児島のフェリーは那覇港朝7時出港。那覇での宿泊代を考えると鹿児島経由の方が安いですね。1日で行けるし。


はぁ〜 朗報と思ったけど、いろいろ調べて労報になってしまった。


くやしいので4月半ばの平日で検索してみたら羽田ー奄美直行便スーパー先得¥13970がありました。
時期を外して、安く行ってください(←調べ疲れてなげやり)








2012.01.29 Sunday 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 

エラブユリ 守られた花

 
お客様からエラブユリの球根を分けていただきました。

120127_04

エラブユリは沖永良部島のテッポウユリ。

先の戦争中、沖永良部島に駐屯しに来た日本軍の将校が栽培禁止のエラブユリの畑を見て、食糧になる作物を植えずに敵国(米英)が好む花を植えているとは何事だと畑を馬で踏み荒らした。その畑の持ち主、市来正敏は「戦争はいつまでも続かない。戦争が終わったとき、この花は島の復興のためにも、傷ついた人たちを癒すためにもぜったいに必要になる」と荒らされた畑から球根のカケラを拾い集めた。

たしか、そういう話だったと思います。
沖永良部島には、エラブユリの守りの親として市来正敏の記念碑が建っています。


そうして守られた球根の子孫が、このひとつ。


春になったら、大事に植えて育てましょう。
それまで凍らせないよう、気を付けないと。



2012.01.27 Friday 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

あまみシマ博覧会

 120122_05

いろんな体験プログラムがあります。
期間は2月4日~26日。
奄美大島だけじゃなく、群島全部ですよ。

詳しくは→「あまみシマ博覧会」









2012.01.22 Sunday 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

奄美大島南部豪雨災害義援金


奄美大島南部豪雨災害については、こちらの記事をご覧ください。→

カフェあまんゆでは、災害義援金に協力するため今日から義援金箱を置きました。
瀬戸内町のホームページにも義援金の振込先が掲載されています。



今回は幸いなことに亡くなった方はいなかったのですが、そのせいかほとんど報道されず、奄美出身者でも「え? そんなんあったの?」という方も。
災害の状況を伝える地元紙もありますので、関心をもっていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。


なお、今回の被害が大きいのは奄美大島南東部と加計呂麻島西部です。
奄美大島は、島とはいっても東京23区をあわせたより広い島。
島全体が被害を受けているわけではありません。

空港のある北部、マングローブのある中部は大丈夫。
南部でも目的地によっては観光できるところもあるようです。
現地ツアーガイドやホテルなどに様子をお確かめの上、奄美へ行って、楽しんできてくださいね。



2011.11.11 Friday 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 7 PAGES | >>