<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

十人十色

 
コーヒーは、淹れる人によって、味が違います。
同じ豆を、同じ挽き目で挽いて、同じドリッパーで淹れても、違う。
そこがコーヒーのおもしろさ、奥深さのひとつだと思います。

昨日は3人でコーヒーを淹れてみました。
さなえちゃんと、まのじ庵さんと、私。

最初は同じ豆を同じ挽き目で同じドリッパーで。
豆を変えて、同じ挽き目でで同じドリッパーで。これは前と違って当然だけど、また3人で味が違う。次は、挽き目を変えて。

淹れては味見して、「はー こういう味か」「へー こうなる?なんで?」の繰り返し。
酸味が強く出たり、あっさり入ったり、苦味と深みが印象的だったり。

休憩をはさんで、次はドリッパーを変えて。

さなえちゃん、KONO式、初挑戦。
120418_01

まのじ庵さんは、初挑戦のドーナッツドリッパーがすっかりお気に入り。
120418_02


最後は3人ともコーヒー酔いするくらい、シアワセなコーヒータイムでした。


さなえちゃん、がんばるんだよ。
120418_03



みなさんも、たまにはいつもと違う淹れ方をしてみると、新しい発見があるはず。
コーヒーは農作物で、品種によって、地域によって、農園によって味が違います。
そこに焙煎の手が加わり、抽出する人が加わり。人が関わることで、出てくる味の要素が違い、飲むときの体調や精神状態、場所によっても味が違う。

いま、おいしい、と思って飲んだコーヒーは、その時限りのものかもしれません。




2012.04.19 Thursday 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ありがとうございました | main | ひろびろ >>