<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「妙(たえ)」

カフェで何をやりたいか。

実際的なことばかり考えていると、ほんとに手許しか見えなくなる。


カフェのカウンターの中で、私はどういう存在でいたいのだろう。
どんな表情、どんな声で話したいのだろう。
どんなふうに人を迎えたいのだろう。



島に帰ると、自然な顔で迎えてくれる人たち。「あら」と、たいして驚いた顔もしない。それは、「ここにいるのに不思議はない」と認めてもらえているのかもしれない などと勝手に思いこんでいる。


島のじぃちゃん ばぁちゃんの笑顔。ちょっと照れたようなところがかわいい。何というのかな、空気がやわらかいんだよね、その人たちの。

いろんな苦労があったはずなんだけど、すべてよしとしてるような。いまあることが、すべて みたいな。

そうそう、康作さんが前に言っていた。
「島のばぁちゃんの顔っていうのはね、“妙(たえ)”なんだよ」


「妙」

いつか、そんなばぁちゃんになれたらいいなー。


2009.09.01 Tuesday 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ふるさと」 | main | 明日は「メキシコの、いい空気」を >>