<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新着図書―写真集


111212_01

今年8月30日~9月25日にJCIIフォトサロンで開かれた芳賀日出男作品展「1955-1957 自然と文化 奄美」のカタログ。

行けなかったけど、JCIIの通販で買えました。
で、一緒に買ったのが↓。


111212_02

2004年に開かれた中谷吉隆作品展「トカラ列島 1961」。


ほんの50年前の島の暮らしが垣間見えます。
なんだか、すごく懐かしい。
1枚1枚、ゆっくり見たくなる写真集です。




2011.12.12 Monday 17:07 | comments(2) | trackbacks(0) | 

盆ざる

 
コーヒー豆の焙煎するにあたって買ったのは、煎り上手(焙煎器)、カセットコンロ、アルミのレンジガード、そして盆ざる。

この中で一番大事なのはもちろん焙煎器。手焙煎の場合は、煎り上手か、ほうろくか、直火式の網か、です。ほうろくは、ぶつけたり落としたりして割れやすく、直火の網は水分の蒸発が早く煎り方が少し難しそう。前から煎り上手は一度使ったときに使いやすかったし、グラウベルの講座でもこれだったので、迷わずこれにしました。

盆ざるは、使い勝手の良い、納得のいくものを探すつもりでした。


焙煎して「ここ!」のタイミングで火を止めて豆を出す。
 → 豆を受けやすくなくちゃならない。
   (ざっ とこぼしたとき、落ちずにきちんと受けてくれるもの)
焙煎豆をゆすったり、あおったり。
 → 冷ますときに、こぼれず、豆へのあたりのやわらかいもの。
 → 風通しがよく、長く使えるもの。


前に100円ショップで見た盆ざるは、まったいらだったので問題外。
無難にホームセンターで探そうと思ったら、ない!
納得がいくもいかないも、ないんじゃ話になりません。
ホームセンターをはしごし、スーパーの調理器具売り場もはしごしたけど、どこにもない!
秩父の人、盆ざる使わないの?

困ったなぁ…… で、思い出したのが新井竹細工店
巴川橋を渡って荒川を望む、景色のいいカーブにあります。
(お店とご夫婦の紹介はこちら→とこちら→をご覧ください)

いくつか手に取って、振ってみて、買ったのがこの盆ざる。

111119_03

きれいな盆ざるでしょ。
写真じゃわかりにくいけど、縁に濃い色の竹ひごをまいてあるのがアクセント。

何より気に入ったのは、真ん中がカーブして深さがあること。
111119_04

これなら、安心して豆をざっ と出せるし、ゆすってもこぼれません。
通気も、これだけ隙間があるから問題なし。

竹ひごは丁寧に面取りされています。
111119_05

この1本1本のカーブが、隙間を作り出しているのでしょう。
豆あたりもやわらかそうです。



安い買い物ではなかったけど、身近に愛着のわく道具があることはだいじなこと。日々使う道具が丁寧に作られたものであれば、その道具で作られたものも、同じように丁寧に作られるはずだし、その道具も丁寧に使おうとする。丁寧の相乗効果、とでもいいますか。

値段が張るものを買うのは、これから焙煎とちゃんと向き合っていこうという決意でもあります。

長く、仲よく、よろしくね。




2011.11.19 Saturday 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

奄美せとうち縁ショップ


カフェあまんゆ、奄美大島南部瀬戸内町の「縁ショップ」に登録していただきました。
111028_1605~01.JPG

これが登録証。かわいいでしょ。
先月末、瀬戸内町古仁屋から「瀬戸内町PR事業 縁プロジェクト」のS原さんが「縁ショップ登録証」を届けに来てくれました。この登録証の絵を描いたのもS原さん。奄美の動物たちが囲む海に「縁」の字が浮かんで、S原さんの思いがこもっています。


「縁ショップ」は瀬戸内町出身者や、私のように出身じゃないけど瀬戸内町の情報を発信したりメニューに瀬戸内町の食材を使っているお店をプチアンテナショップとして、町とお店(お客さん)との情報交換や物産販売をすすめていこうというもの。

カフェあまんゆで販売している瀬戸内町産の商品は、さんご塩、加計呂麻の塩、黄金糖、てぃだ豆、粉糖、きび酢、きび酢たまねぎドレッシング。
瀬戸内町のパンフレットも各種取り揃え、「奄美、行ってみたい」という方にご紹介しています。


『シマのこころでつながりたい・奄美大島瀬戸内町・ユカイな「縁」プロジェクトの日々』ブログもごらんくださいね。

2011.11.11 Friday 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ストーブ

111022_1123~01.JPG
今朝のカフェはヒンヤリ。開店前、ストーブに火を入れました。

膝掛けショールも出して、冬に向かっていくんだなぁ。



2011.10.22 Saturday 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 

冬バージョン

111022_1151~01.JPG
玄関を開けておくのは、ちょっと寒くなってきたので玄関も衣更え。


2011.10.22 Saturday 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

紙やすりで貝をそのまま磨けるか?

 
今回、私は夜光貝そのままを磨けるか、挑戦!

110925_11

どこを磨いたかわかりますか?


110925_12

ここ。
口のような部分だけ。

うーん、紙やすりだけじゃどれだけ時間がかかることやら……。
グラインダーとかあれば最初に全体を磨けるんだけど、
どうしようかな。。。。

でもこれで諦めるわけじゃありませんよ!
手の空いているときに、ちょっと道具を考えて続けていくぞぉ!



2011.09.25 Sunday 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 

夜光貝磨き 第2回、第3回

 
8月26日に2回目、9月24日に3回目の夜光貝磨きをしました。
まとめてご報告します。

110925_01

2回目は5人、3回目は3人が来てくれました。
1回目から連続参加の人もいます。

110925_02

夜光貝と紙やすり、両方に水をつけ、磨いていきます。

110925_03

縁も、磨きます。

110925_04

裏も、磨きます。
紙やすりは5段階。ひたすら磨く。ジョリジョリ。

110925_05

2時間ぐらい磨いたら、仕上げの磨き布でまだ磨く。
そうすると……

110925_06
ほら

110925_07
こんなに

110925_08
きれい!

110925_09
2回目の作品

110925_10
3回目の作品


みんないつの間にか夢中になる夜光貝磨き。

磨き始めると「あ、つるつるしてきた」
「光ってきた」
「表面の凸凹がなくなってきた」
「薄くなってきちゃった」
といろんな発見も。

わーたのしぃー! っていう派手な楽しさじゃないけど
地味に楽しいです。

連続参加のKさんは、「毎回違う色合いを磨くと、出来上がりが楽しみ」と
次回の色と形のリクエストも出てきました。


夏の楽しみのつもりだったけど、寒くなってからも室内でじっくりできるから続けてもいいかな〜。
またお知らせしますね☆






2011.09.25 Sunday 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

署名できます−さようなら原発1000万人アクション

 
今日は全国各地で脱原発アクションがありますね。

sayonaranuku
カフェあまんゆは通常営業なのでアクションに参加はできませんが、
「さようなら原発1000万人アクション」の署名用紙を用意しています。



denkiqaまたグリーンピース「でんきのほんと でんきのこれからQ&A」のリーフレットもあります。こちらはグリーンピースへのカンパもお願いしています。とてもわかりやすいリーフレットです。







2011.09.19 Monday 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

署名できます − 私学助成金

 
埼玉県の私学助成金は全国最低。国の基準額も下回っています。
私立学校に行かせたいけど、お金がかかるから という声を、署名という形で集めています。
詳細はこちらをご覧ください。→

この署名は埼玉県在住者でなくてもできます。また本人の承諾があれば代筆も可能です。
署名についてのQ&A

カフェあまんゆに署名用紙を置いてあります。ぜひご協力ください。


2011.09.19 Monday 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 

さよならMini

 
08年10月にうちに来てから3年足らず。

最初は言うことを聞いてくれなくて
少しずつ意思の疎通ができるようになっていったMini。


秩父の寒さに凍りついたり
暑くてヘバリかけたり
高速でもがんばってくれたし
荷物もいっぱい運んでくれた。



もっと思いっきり走らせてあげたかった。




10万キロ目前。
最期に痛い思いをさせてしまった。
ごめんね Mini。




一緒に島を走りたかった。
それだけが心残り。



さよなら Mini。
楽しい思い出をたくさん ありがとう。



110811_mini



2011.08.12 Friday 19:31 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 12 PAGES | >>