<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鶏飯の作り方

 
鶏飯は、若鶏じゃダメ なんだそうです。脂が強すぎるとか。「あんたぐらいのがいいんだよ」と笑われたことがあります。妙齢の、卵を産まなくなったぐらいの鶏がいいそうです。

鶏ガラスープで作る と書いてあるのも見ますが、島の人(主婦や肉屋さん)に聞くと「丸ごと使う」です。


今回の作り方をご紹介しますね。


こちらが鶏飯用の鶏肉(半羽分)
120405_01

写真では見えませんが、下には骨(少し肉付)も入っています。
内臓は使いません。

ぶつ切りにした長ネギ1本と、だし昆布、干ししいたけを一緒に煮ます。
120405_02


アクを取りながら1時間ぐらい煮たところ。
120405_03

干ししいたけと昆布を出して、干ししいたけはスライスして薄味をつけて煮ます。
120405_04

胸肉、ささみを出して割きます。
120405_05

お店ではお肉が色白な胸肉とささみだけを使うところもありますが、家庭ではもも肉も使います。もも肉が入る方がボリューム感が出るからいい、ともいいますが、好き好きですね。

2時間ぐらい煮たところ。
120405_06

だいぶ脂が浮いてきていますが、大丈夫。
この後、濾して、塩と醤油で味付け。

ほかに錦糸卵をつくって、パパイヤ漬けと青ネギ、あれば島みかんの皮を刻んで、きざみ海苔を用意すれば、準備OK。

ご飯はかための方がいいです。
器によそって、具を少しずつのせて、スープをかけて、みしょーれ(召し上がれ)!


2012.04.07 Saturday 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

さくらもちのジェラート

[ 秩父 ]

120406_01

一口食べたら「うわ~さくらもちだー!」と叫んでしまうジェラート(写真上)。
秩父、定峰峠のジェラッテリア「まのじ庵」で食べられます。

桜の葉の塩漬けも、餡も、もちろんジェラートも自家製。
求肥(牛皮?)は自家製か聞かなかったけど、ほんとにさくらもちがそのままジェラートになってます。

写真下は苺みるふぃーゆ。
苺のソースにサクサクのパイ生地も入っていて、これもほんとに苺ミルフィーユそのままのジェラートです。

添えてあるクッキーも自家製。
「そのくらいパパっと作ってますから、たいしたことないです」
パパっと作れるのがすごい。

餡も、「ぜったい自分で作った方がおいしいんですよ。簡単だし。炊くだけだもの」。
ひとりでやってて、ピザも手作りだし、それを「ま、いっか」ってやってるまのじ庵さん。車がないとちょっと行きづらいけど、車やバイク、サイクリングの方はぜひ!
朝7時から営業してます!



2012.04.06 Friday 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 

今週のデザート

 
◎ケーキ

120405_09

ご好評にお応えして、先週に続いてはちみつジンジャーケーキです。
ショウガジャムの風味を十分に味わっていただくため、レーズンは抜きました。

春を招く日々にぴったりのさわやかなケーキをどうぞ。


◎芋ようかん

こちらもリクエストにお応えして再登場です。

120405_10

さつまいもの風味をいかした手作り芋ようかんです。



2012.04.05 Thursday 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ついに登場!鶏飯


最後になって、やっと鶏飯の登場です。

120405_00
(ブレててスミマセン! 左の具のお皿は参考です)
(右上はアッタドコネの切り干し大根)

鶏飯(けいはん)は、奄美大島を代表する郷土料理と言われています(Wikiにも出てる!→)。

ご飯に左上のお皿の具をのせて、鶏のスープをかけて食べる、鶏雑炊のような料理です。
具はお皿の左から、鶏肉、パパイヤ漬け、しいたけ、青ネギ、錦糸卵。
島みかんの皮があればよかったのですが、残念。


私の印象では名瀬から北部で食べることが多く、南部ではあまり馴染みがないようです。もともと笠利(北部)に来ていた薩摩役人のための料理だったからなんでしょうね。いまは南部や加計呂麻でも観光用に鶏飯を出す店も増えているようですが、地元の人はあんまり食べないような気がします。

名瀬の友達の家では「今日の夕飯は鶏飯よ」はときどきあります。
「面倒だから鶏飯にしちゃった。茹でるだけだもの」と言うけれど、自分で作ってみると、確かに茹でるのがほとんどだけど、鶏肉を割くのがけっこう面倒でした。いつも食べさせてもらっていることのありがたみを感じました。


で、自分で作ったお味は というと、これが「おいしー!!」
鶏飯はさらさらっと食べられてしまうので、おかわりしました(^^)


ところで、上の写真の右上の「アッタドコネ」の切り干し大根。
「アッタ」は有良(アリラ)という集落、「ドコネ」は大根のこと。
有良の大根はおいしいと島では有名で、奄美市の一集落1ブランドにも認定されています。
120405_08


6日からの鶏飯は、
お替り1回付で¥1000の閉店特価
です!









2012.04.05 Thursday 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 

6日(金)は5時まで

 
都合により4月6日(金)は
17時閉店となります。




2012.04.02 Monday 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

閉店セール 石鹸編

[ 販売 ]
環境に配慮し、使いやすい石けんたちを、
お買い得な約25%オフのこの機会にどうぞ。

 
120331_03

液体洗濯石鹸(太陽油脂¥840 → ¥630
衣類のリンス(太陽油脂)¥630 → ¥470
食器洗い400番(太陽油脂)¥495 → ¥370
トイレ洗い石けん(太陽油脂)¥525 → ¥390
洗濯槽クリーナー 2回分(エスケー¥945 → ¥700


1点だけの商品もあります。お早目にどうぞ。
売切れの際はご容赦ください。




2012.03.31 Saturday 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

閉店セール きび酢・ジュースなど

[ 販売 ]
 
食材・調味料編の日高昆布も写ってますが、
瓶ものなど、です。

120331_04

きび酢(奄美自然食本舗¥1600 → ¥1200
グァバジュース濃縮タイプ(福留果樹園¥1200 → ¥900
濃縮番茶・ショウガ入 梅醤エキス(いんやん倶楽部¥1995 → ¥1550
ハーブソルト(海の精¥505 → ¥400



売切れの際はご容赦ください。




2012.03.31 Saturday 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

閉店セール 食材・調味料編

[ 販売 ]
 
閉店セール第一弾は食材・調味料から!
国産、安心・安全な食材・調味料がほぼ2割引き♪


120331_01

純国産小麦の手のべそうめん(坂利製麺所¥410 → ¥330
本葛のくずゆ(生姜)(坂利製麺所)¥700 → ¥560
花かつお(バンタレ)¥400 → ¥320
かつおぶし(カネサ¥300 → ¥240
日高昆布(札幌中一)¥810 → ¥650



120331_02

一番搾り菜種油(石橋製油)¥1000 → ¥800
国産ごま油(鹿北製油¥2100 → ¥1680
丸大豆しょうゆ(キッコーゴ近藤醸造¥685 → ¥550
薄口しょうゆ(海の精¥865 → ¥690
味の母(味の一醸造¥735 → ¥590


1点だけの商品もあります。お早目にどうぞ。
売切れの際はご容赦ください。






2012.03.31 Saturday 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 3 / 82 PAGES | >>